マイナビエージェントの料金

転職、お仕事お悩み

マイナビエージェントの料金

 

「マイナビエージェントって登録したらお金がかかるの?と思っている人へ」
転職希望者であれば数社の転職エージェントや転職サイトに登録して、在職中の会社に内緒で本格的な仕事さがしに踏み切っている人は多いでしょう。そういう転職希望者には真っ先にマイナビエージェントに登録をすることをオススメします。

・どうやってマイナビエージェントは報酬を得ているの?
「マイナビエージェントに登録や利用をしたら、転職希望者は費用を支払う必要があるのでは?大手の求人を紹介してくれるくらいだから、ものすごい高いお金を要求されたらどうしよう…?!」
こんな不安を打ち明ける人もいますが、心配ご無用です。マイナビエージェントを利用するのは、転職希望者の側は一切の費用負担は不要です。

>>費用負担はナシ!マイナビエージェントはこちら

なぜこうしたことが可能かと言えば、マイナビエージェントは“人材を紹介してほしい”という大企業と法人契約をします。企業側から丁寧に“求める人材の実務能力”についてヒヤリングしてから、マイナビ内で適切な人選をして、面接に送り込み、企業がその人材を採用したら、そこで顧問料が企業からマイナビエージェントに支払われるという仕組みだからです。

つまり企業が求めているドンピシャリの実務能力を持った人材を連れてくることができなければ、マイナビエージェントの収入はゼロになります。ですからハローワークのように求人情報と求職者のやりとりだけでは転職エージェントはつとまりません。

マイナビエージェントでは転職希望者の希望条件のヒヤリングや、転職市場価値の診断、人材をよく見極めてから企業に紹介をすること、面接対策、そして転職後のサポートなど、きめこまかい転職支援に定評があります。

実際問題、転職エージェントが企業としてやっていくためには、企業側と転職希望者側の双方のニーズをしっかり把握しなければ難しい。マイナビエージェントでは、転職希望者がカスタマサポートに連絡をすれば、担当さん(キャリアアドバイザー)を替えることも可能なシステムになっています。マイナビエージェントは転職希望者の話をよく聞いてくれることで有名です。“量より質”を重視して、転職希望者に本当に向いている会社しか紹介しないというポリシーを貫いています。

・転職希望者がマイナビエージェントを利用するメリットとは?
転職希望者にとって「給与交渉」はかなり高い砦であるといえます。よく1次面接、2次、3次…と面接の回数が増えていくごとに、希望年収を上げる転職希望者がいますが、こういう応募者は採用担当に気に入られないので落とされる可能性大です。

かといって“自分の市場価値”をわきまえていない人が、大企業相手に、自分という商品を高く売り込むのは至難の業であることくらいは、誰でも想像がつくでしょう。大企業の人事採用とは人材価値を見抜くことにかけてはプロ中のプロであり、こういった猛者相手に、自分を高く売りつけなければ、結局転職は成功したことにはならないのです。

そういった面では、マイナビエージェントの転職支援は同業他社に比較して群を抜いているといえるでしょう。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、転職希望者に対して非常に丁寧なカウンセリングを行い、人材の売りと強みをきっちり把握します。転職市場価値診断も充実していますので、転職を思案している人でも一度、診断を受けてみるとよいでしょう。

転職後も折に触れて支援してくれるのが転職エージェントの良いところです。
ハローワークのように求人票に記載されている電話番号に電話だけかけてくれて“あとはそちらで勝手にやってください”“採否など関心ありません”というやり方とまったく違います。

あなたがマイナビエージェントから紹介された企業は、過去に何人もの先輩が同じルートで転職を成功させています。ですからマイナビエージェントのキャリアアドバイザーは転職後もあなたと連絡を保ち、いろんな相談に乗ってくれます。
転職してから半年〜1年間が苦労の正念場で、慣れない環境で体調を崩す人も少なくないけれど、転職活動をしていたころから世話してくれたマイナビエージェントの人となんでも相談ができるようなら、安心感がまるで違いますよね。先輩たちがどうやってこのプレッシャーを乗り切ったのか?マイナビの社員が一緒になって転職を包括的にサポートしてくれます。
マイナビエージェント側にとっても、送り込んだ人材が定年まで末永く企業に貢献してくれることで、転職エージェントとしての信用を築くという目的があるのです。だからあなたが転職してハッピーになることに、マイナビエージェントは必死になってくれるのです。

・法人契約をする企業がマイナビエージェントを利用するメリットとは?
求人企業がマイナビエージェントを利用するとどういうメリットがあるでしょうか?
まずハローワークのような媒体を使って、欠員補充をしようとすると、受けに来てほしくないような人材が大量に押し寄せてくるという点が挙げられます。
大企業の中途採用枠とは、一般的には企業側が“こういう人材が欲しい”という希望条件ドンピシャリの人を即戦力狙いで採用するものです。「ピンポイント採用」と呼ばれますが、新卒募集と異なり、企業の採用担当の頭に、“これだけは譲れない”という人材に求める条件が非常に細かく設定されています。

それをハローワークのような無料求人媒体を利用すると、キャリアもスキルも何もない中高年の失業者が、年収にだけ目がくらんで受けに来る…そういう人たちを相手にして落とす作業が大変ということです。

それから企業としては多額の費用を採用にかけるのを避けたいという考えがあります。マイナビエージェントはじめ他の転職エージェントに何社か法人契約をしたとしても、そういった転職エージェントが「採用してもよい」と思えるようなレベルの高い人材を連れてくることができなければ、費用は発生しません。
「新聞広告を出す」という手もありますが、非常に広告費がかさむわりには、ハローワークと同様にあまり欲しいと思える人材がやってこないという声も多いです。非公開系求人が企業にとっても効率的なのです。

>>転職サポートならマイナビエージェント

記事一覧