マイナビエージェント 連絡が来ない

転職、お仕事お悩み

マイナビエージェントから連絡が来ない場合の対処法

マイナビエージェントに登録してみたけど、「連絡が来ない!」というケースが時々あるようです。転職エージェントに登録したものの全く連絡がない、あるいは求人の紹介がこない、こんな時にはどうしたらいいのでしょうか?

マイナビエージェント「最初の連絡が来ない」場合の対処法

最初の登録後に、全く連絡がこないのは、何かしら「メールや登録の遣り取り」でのトラブルが原因となっている場合がほとんどです。

マイナビエージェントでは、通常は5営業日以内(お休みの日はカウントしない)にメールか電話での連絡がきて、転職活動の流れについての説明があります。これが1週間を過ぎてもない場合には、「問い合わせ」のメールをしましょう。

念のため、自分のパソコンの「迷惑メール設定」も確認して下さい。

連絡来ない!求人の紹介待ち―3つの方法

登録もすませ、マイナビエージェントとの面談も終えた。後は、希望にマッチした企業の紹介を待つだけ……の「待ち時間」は長く感じるものです。しかし、いつまでたっても連絡が来ない、という場合には遠慮なく、次の行動にうつりましょう。

(1)まずは担当者に連絡をする
(2)条件次第なので、自分の方針を改めて考える
(3)履歴を管理し、説明できるようにしておく

(1)まずは担当者に連絡をする
基本的には、まず自分の担当者に連絡をしましょう。メールで「求人の紹介がこないので不安に思っている」と伝えます。最初から「なんで紹介がないんですか」と詰め寄るよりは、まず不安な気持ちと、「何か問題があるのかどうか」確認します。

(2)条件次第なので、自分の方針を改めて考える
転職はより良い条件で、次の仕事を見つけたいはず。とはいえ、条件や希望があまりに細かいと、どうしてもマッチする仕事の選択肢が狭くなります。

・通勤時間30分以内 残業ほとんどなし 昇給あり ボーナス2以上 上場企業か大手企業 年収は100万以上のアップ 夏期休暇は1週間以上

……こうなってくると、なかなか思い通りの企業がないかもしれません。担当者によっては、多少条件が違っても、メリットを説明して企業の紹介をする人もいますが、中には「ピッタリ条件が合う所を探している」ケースもあります。

例えば、こうした条件でも優先順位があるはずです。通勤時間は30分が理想だけど「1時間以内なら良い」、年収は「100万円以上アップだといいけど、少なくとも60万以上アップすれば可」、夏期休暇については「そうであったらベスト、普通に3日以上あれば構わない」といった具合に、少し条件をゆるめてみるのも、ひとつの方法です。

紹介の連絡が来ない場合には、改めて自分が出した条件を見直してみましょう。また、自分のスキルや経歴と転職市場でのレベルを冷静に考えてみる事も大切です。あまりに自分の実力を上回る要求をしても、現実問題として全てにマッチする企業が見つかるとは思えません。マイナビの転職サイトなどで、条件をいれて求人を検索してみるといいですね。必要なスキルや経歴を参考にしてみると、自分がどれぐらいの企業になら転職できるのか、がわかってくると思います。マイナビエージェントを利用するメリットは、転職サイトで探すよりは、担当者がアピールしてくれるので「もう少し上のレベル」での転職も可能な事です。今の自分のポジションを把握した上で、担当者のアドバイスも参考にしながら、実現可能な転職希望と条件を出していきましょう。

(3)履歴を管理し、説明できるようにしておく
マイナビエージェントでは、担当者がきちんと、ひとりひとりのデータを管理してくれています。とはいえ、自分自身でも「転職活動の履歴」を把握しておく事は大事です。問い合わせるときも、あなたの方がしっかりと「いつ、何をしたか」「どういう連絡をしたか」明確に伝えると、相手にも真剣さがリアルに伝わります。

マイナビエージェントから連絡が来ない……

ひとつ念頭に置いておきたいのが、

「自分が待っている時間」

「相手が行動している時間」

には、実感としての「差」があるという事です。あなたとしては、なるべく早く転職したいと考えていれば、1日1日がずいぶんと長く感じるでしょう。

いっぽうで、担当者は少しでも良い条件でマッチする企業を紹介したいと考えて行動しています。特に多くの条件がある場合には、1日で回れる企業の数も限られているでしょうし、内部の情報をリサーチするのにも時間がかかるものです。数日はあっという間に過ぎてしまうと感じているはずです。

ここで、あなたがあまりに高飛車に「まだ連絡こない!」と文句を言うよりは、最初は「いかがでしょうか」と丁寧に問い合わせる方が好印象です。

やはり担当者とも、人間同士の関係ですから、印象の良い相手に対しては、それだけ力が入る所もあるのではないでしょうか。焦りすぎず、かといって「どうでもいいや」と投げ出さずに、きちんと自分なりのアクションを起こしていく事が大切です。

>>マイナビエージェントで転職した人の口コミをチェック

記事一覧