第2新卒で再就職先をマイナビエージェントで見つけた方法

転職、お仕事お悩み

第2新卒で再就職先を探すことになった僕のとった行動とは?

 

大学を卒業してから最初に就職した会社を辞めたのは、今になって考えると“甘かった”という気もします。在職していたころは、“自分がやりたい仕事じゃない”とか“大学の同期と比べても給与が安いんじゃないか”とかいろんな不満がうっ積していたわけですが、辞めてからしばらくしてみると、ちょっと退職理由として頼りないというか、他に何かがやりたいという目的も無しに前職を離れたことは後悔もあります。

>>次の転職は成功させたいならマイナビエージェント

自分はすでに26歳になっていたし、前の会社では情報通信業界の営業職だったので、なるべく同業種で、営業以外の仕事に就きたいという漠然とした希望はありました。しかし自分で転職サイトに登録をしたり、ハローワークをのぞいたりもしましたが、前職ほど条件の良い会社を見つけることができないで、困っていたのも事実です。

マイナビエージェントに登録をしたのは、全国的に名前が通っている転職エージェントであることと、“量より質”を重視していて、本人の適性をよく配慮してくれるというネットの書き込みが気になったからです。年収とか企業規模だけで会社を選ぶとろくなことにならない…ということは前職を辞めて学習済でしたけど、かといって26歳の自分に“即戦力”として売りに出せるようなキャリアがあるわけでもありません。そもそも僕は営業に向いていると思えず、営業以外の職種に就きたいと考えていました。経理資格は持っていましたが、実務経験はありませんでしたし、どうしても経理にという意向も弱かったのです。

マイナビエージェントはネットから問い合わせると、会社からすぐに連絡が入りました。前職に関して丁寧に聞いてくれて、現状分析というか、“今の自分に出来ること”についてプロの担当キャリアコンサルタントと話ができました。一人で活動していて自信を無くしかけていた面もありますが、マイナビの担当さんに「まだ若い」と言われてはっとしました。

マイナビエージェントなら選択肢の幅が広がる!

他の転職エージェントにも登録していたので、毎週どこかの会社を紹介してもらうことができました。僕の年齢が26歳だからということもありそうです。マイナビの担当さんの話だと「35歳を過ぎると、特殊なキャリアが無いと転職はかなり難しくなる」ということです。それならいま26歳で第2新卒の自分がするべきことは、目先の年収や企業規模にとらわれないで、本当に長く安定して勤め続けることができる会社を必死になって探すことだな…と意識を前向きに切り替えました。

マイナビは大手転職エージェントだけあって、保有する求人件数は豊富にあり、ハローワークや無料求人誌とはまったくレベルの違う求人案件が毎日のように更新されていた感があります。そもそもああいう高待遇の案件は転職エージェントだけが独占的に保有していて、一般の求職者の目には触れないようなシステムになっています。ですがマイナビの良いところは、担当さんが本当に転職希望者に向いている会社しか紹介しないので、転職希望者は転職活動の無駄をかなり省くことが可能です。

マイナビに行ったときに、「転職市場価値」診断サービスを受けたけど、その時今の自分にふさわしい年収の額について教えてもらうことができました。前職より低めに診断されたので、それが自分の正味(本当の価値)なのだろうなと納得することができました。自分の転職市場価値を知らないで、転職活動をしていても、受けても無駄な会社ばかり高望みして受けるようになるので、結局時間とエネルギーの無駄になると考えらえます。

こういったら感じ悪いかもしれませんが、やはり転職エージェントから転職できる人は転職エージェントを徹底利用するべきで、ハローワークなど下層求人(誰でも応募できる職)は避けたほうが得でしょう。ハローワークからですと最低賃金に近いような職に、大量の中高年の求職者が押し寄せているイメージがあります。転職エージェントのスマートさとまったく違います。

「前の会社を辞めた理由」をどうやって説明したらいい?

マイナビに登録して8カ月してから転職先が内定しました。その間、受けた会社は(マイナビエージェントから紹介された会社)は4社ですから少な目だと思います。

しかしどの会社も仕事内容は印象的でした。僕の場合は、前職が情報通信で営業職だったのですが、同業種の異職種を希望していたので、営業以外の職務はほとんど「未経験」と言ってもいいでしょう。

マイナビの担当さんと、「前職を辞めた理由をどう説明するか?」など、面接を問題なくこなす方法について話し合いました。マイナビでは、面接の際の定番質問に対する質疑応答の準備とか、模擬面接を実施してもらえるのですが、これもマニュアル通りで良いというわけにはいきません。受ける会社ごとに対策を立てないと逆に失礼なやりとりに終始してしまうでしょう。

僕の場合、前職を辞めた時にこれといった展望が無く、ただ“仕事があまり面白くないから辞めた”という話なので、もっと前向きな理由を考えたほうがよいとアドバイスをされました。 営業職に向いていないのは明らかでしたが、かといって他の職種を経験したことがないのでどこへ行ったらよいのか?!見当がつかなかったということもあります。

マイナビの担当さんに「それではダメだ」と言われて、採用担当にアピールするためには、自分が何をしたいのか?入社してからの自分の売りや強みについてもっと自己分析が必要だと指摘されて、その通りだと感じました。事務系の仕事が向いているのではないかと考えていましたが、「文系SEなどもどうか」と薦められてその気になったのです。学生時代に“手に職をつけたい”と考えていた気持ちを思い出しました。

マイナビでは紹介する会社に関する十分な資料を事前に渡してくれるので、それを読み込んだり、ネットで検索をしたりして、受ける会社に感ずる情報収集を頑張って行いました。受ける会社について、仕事内容について自分に知識がつけばつくほど、面接で堂々と自己主張できるような気持ちになりました。

>>マイナビエージェントの詳しい情報はこちら

記事一覧