マイナビエージェント・マイナビ転職の違い

転職、お仕事お悩み

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

 

@「マイナビ転職(転職サイト)」と「マイナビエージェント」 両方とも利用を!
マイナビに限りませんが、大手の転職エージェントは「転職サイト」と「転職エージェント」を両方とも運営しています。
特に在職中で、“会社にバレないようにこっそりと転職活動をスタートさせたい”“だからネットの転職サイトだけ登録をしておこう”という人の場合。
こういう人がマイナビ転職サイトに登録をしたら、すぐにマイナビエージェントから電話がかかってきて「一度面接にこられませんか」とお誘いを受ける…というパターンが多いようです。
“とにかく今の会社に内緒にしてほしい、絶対にばれないようにしてほしい”と考えている男女なら、エージェントから自宅に電話やメールがきたら、ギクリとしてしまうかもしれませんが、ご心配は無用です。

マイナビエージェントは在職中のビジネスパーソンも多数登録をしています。ですからそういう人が安心して転職活動を続けられるように、平日の夜遅くや土日祝もマイナビの担当とは連絡ができるように配慮されています。
「マイナビ転職サイト」も「マイナビエージェント」も転職希望者には費用負担はゼロですし、ほとんどの転職希望者は両方とも同時に利用しています。

>>費用の負担ゼロのマイナビエージェント

「マイナビ転職サイト」は、個人情報や希望する仕事に関する条件を登録しておくと、ご本人の希望条件に合致した会社が求人を出すとすぐに求人メールで個人アドレス宛に連絡が届くので、求人を読み逃すということがありません。

「マイナビエージェント」は転職サイトとは異なり、会社の担当さんが転職希望者に向いた会社をセレクトして紹介してくれる…というスタイルになります。転職サイトだったら自力で検索をする必要がありますが、転職エージェントは担当キャリアコンサルタントがあなたに会った会社を選んでくれます。

A「マイナビ転職(転職サイト)」と「マイナビエージェント」の両方を同時に利用する
「マイナビ転職サイト」は、多い人ですと登録しただけで、一晩に60社くらいの会社から、熱烈なオファーメールが届くそうです。求人会社から「うちの会社の面接を受けに来て」とオファーがくるのなら、自分で会社を探さなくて済むのですごく楽ですね。オファーメールが来ない時期もあるでしょうが、自力で検索すればすぐに良い案件は豊富に見つかります。

オススメなのはやはり「マイナビ転職サイト」と「マイナビエージェント」を両方活用すること、でしょう。「マイナビ転職サイト」を使えば、自分のいま希望している仕事を条件検索できます。

ハローワークなどと大きく違って、転職サイトの場合は、求人を出している会社がお金を払って求人広告を出している分、採用にかける情熱が桁違いに大きいのです。ですから「マイナビ転職サイト」も、会社に関する詳細な情報や、仕事内容に関する説明がしっかりしているので、転職希望者としては入社してからの自分の活躍の余地があるかどうか?!判断しやすいという特徴があります。

「マイナビエージェント」が運営している転職サイトですから、良い案件が転職サイトで見つかったら、直接マイナビエージェントの担当さんに「こういう求人企業を見つけたのですが…」と相談を持ちかけることも可能です。通常の求人サイトですと自分が選んだ会社が果たして自分に向いている会社なのか?不安な点も多いです。しかしマイナビエージェントの担当さんは人事採用のプロですから、プロ目線で見て、はっきりYES・NOを言ってくれます。もちろん理由も教えてくれるので今後のアドバイスになります。

転職希望者のみなさんなら痛感しているでしょうが、「企業研究」とか「業界予習」ってすごく大変ですよね。何社も受けないと正社員としての採用は難しいと言われているし、かといって1社あたりにそんなに長い時間を企業研究にかけられない…という事情はあります。

「マイナビ転職サイト」は求人企業が、今回募集している仕事について、できるだけわかりやすく、多くの情報を提供してくれます。読んでいるだけで仕事内容が頭に入ってくるのです。ハローワークの求人票のように、企業や仕事内容に関して何も書いていないと、“ブラック企業”であった場合大変です。

B「マイナビエージェント」をもっと徹底活用する方法とは?
今の世の中、求人(転職)サイトは雨後のタケノコのごとく、多数存在しています。自分の希望条件にあった会社が見つかりやすくなったことは間違いありませんが、一般の求人サイトですとエントリーしてから面接、内定、入社…といった手続きをひとりで行う必要があります。

マイナビエージェントを利用する良い点は、担当が転職につきものの煩雑な手続きを代行したり、助言してくれることです。
企業を紹介してくれる際も、転職希望者にもっともふさわしい仕事しか紹介してくれないので、安心感が違います。

それに面接を受けることが決まったら、受ける会社の採用担当とマイナビの担当社員であらかじめ何度も打ち合わせが済んでいますから、マイナビの担当は企業が求めている人材について熟知していて、それを転職希望者に細かく教えてくれます。
マイナビ社内で、模擬面接も実施してくれますから、転職希望者は面接の本番前に、マイナビの担当のプロの目線で、改善すべき点、注意して回答すべき点についてあれこれ指導を受けることが可能です。“面接になると必ず落とされる”というタイプの転職希望者がいますが、模擬面接を受ければ自分の課題がクリアーになることでしょう。

多くの人が未経験の転職先との「給与」に関する交渉も、マイナビエージェントの担当社員と求人企業の採用担当の間で、交渉を代行してくれます。給与交渉に関しては、内定してから内定を受諾するまで…というタイミングの難しさがあるのですが、マイナビの担当はプロであり、企業とマイナビエージェントは法人契約されているので、過去に何人もの転職希望者を企業に送り込んできた実績が違うのです。ですから転職希望者はそういう問題について自分ひとりでイライラを抱え込む必要が全くなくて、退職手続きに集中することが可能です。引き継ぎ作業をしっかり行えるので円満退職も楽々です。

>>給与交渉も任せられるマイナビエージェントはこちら

記事一覧